ホーム > ワンちゃんに起こりうる皮膚病の種類

ワンちゃんに起こりうる皮膚病の種類

ワンちゃんは細菌や真菌が寄生あるいは感染することで、様々な皮膚病が起こるおそれがあります。こちらでは、ワンちゃんに起こりうる皮膚病の種類をご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

■膿皮症■

膿皮症はワンちゃんに最も多い皮膚病です。顔や脇の下、指の間など比較的柔らかい場所から発症しやすいです。皮膚が膨れ上がったり膿を持ったりするようになります。病気が進むにつれ痒みは一層酷くなり、強く掻きむしったり噛んだりすることで脱毛や出血が起こります。

■皮膚真菌症■

主に糸状菌(しじょうきん)と呼ばれるカビが、皮膚の角質層や爪などから侵入することが原因で起こる皮膚病です。体毛が細くなり脱毛したり、カサカサしたフケが出たりします。発症した段階では痒みはほとんどありませんが、病状が悪化するにつれ全身に広がり、バリア機能が弱まることで二次感染を起こし、強い痒みを生じることもあります。

■疥癬症■

疥癬症とはダニの一種、イヌセンコウヒゼンダニが寄生することで起こる皮膚病です。感染経路としては、このダニに感染している犬からダニが移り感染します。皮膚内部に入り込んで動き回るため、強い痒みが生じます。膿皮症同様強く掻きむしったり噛んだりすることで、脱毛や出血を引き起こすおそれがあります。

ご紹介したどの皮膚病も、皮膚や毛を清潔に保つことにより予防することが可能です。皮膚病を避けるためにグルーミングする際は、専門知識を持つプロにグルーミングを依頼しませんか。
the Dogは目黒区にあるドッグサロンです。専門知識を持つ経験豊富なスタッフが、心を込めてお手入れいたします。グルーミング以外にも、シャンプーやカット、炭酸泉などのスペシャルケアのメニューもご用意しておりますのでご活用ください。
the Dogでは、お近くの世田谷区や港区、大田区からのご利用も大歓迎です。分からないことや疑問点はお気軽に問い合わせください。